東京大学大学院 工学系研究科 機械工学専攻酒井・泉研究室

講義関係

学部・大学院

学部

1、材料力学

2、有限要素法

3、Easy-σ

4、創造設計演習(DE演習)

5、機械工学少人数ゼミ
(パスタブリッジ コンテスト)

6、シミュレーション&
ビジュアライゼーション演習

大学院

7、破壊強度学

8、マルチスケール計算材料科学

9、ライフサイクルアセスメント
(平成23年度)

動画








TOP 講義関係 > 有限要素法

平成29年度 有限要素法 連絡用ウェブページ


おしらせ

試験4の結果をアップしました。2017/11/17

試験3の結果をアップしました。2017/11/07

試験2の結果をアップしました。2017/10/31

試験1の結果をアップしました。2017/10/27

▶教科書の正誤表を更新しました。2017/10/06

▶平成29年度HPを開設しました.2017/09/06

 


場所と時間

A1A2 火曜日 10:25~12:10@本郷・工学部2号館 233講義室(3年生向け講義)

 

担当教職員

泉 聡志教授、酒井 信介教授、早川 悌二 非常勤講師、波田野 明日可 助教

 

講義の方針

教科書は必ず購入すること(生協にて教科書指定)。本講義は、基本的に自習形式であるが、試験の前に教科書の簡単な説明及び演習を行なう。ただし、これだけでは十分な理解が得られないため、各自が教科書を読んで理解することが求められる(第4刷が最新版)。

単位取得の条件は、試験1〜の合格と、レポート1の合格Easy-σによる応力解析のレポート2の合格とする。レポートはきちんと試問と採点を行なうため、提出したからといって合格するとは限らない。試験は、有限要素法の基本的な知識を身につける目的で行なうため、テキストの範囲を逸脱するようなものは難易度の高い問題は出題されない。試験をクリアしたものは追試を受ける必要はない。配点は試験1〜5+レポート1で50点、Easy-σのレポート2で50点である。どちらかが未受験だと単位はつかない。


教科書

「実践 有限要素法シミュレーション」泉聡志、酒井信介著、森北出版(2010-9)978-4627920613
  正誤表(第1~5刷対応)はこちら
「材料力学テキスト」(材料力学第一、第二テキスト)
  材料力学、材料強度、構造強度の復習に使います。

 

小テストの結果


日程

日時 講義内容 資料
1 9月 26日(火) ガイダンス+有限要素法概説+材料力学・弾性論  
2 10月3日(火) 機械設計のための材料選定

配布資料

講義ノート

試験結果のページの

ID,PW必要

3 10月10日(火) 試験1(材料力学・弾性論) ばね要素(2.1節)  
4 10月17日(火) 仮想仕事の原理、一次元トラス要素(2.1, 2.2節)、二次元トラス要素(2.3節)、
5 10月24日(火) 試験2(ばね・一次元トラス要素, 30分) 三角形定ひずみ要素(3.1節) 、レポート1(二次元トラス)課題設定
6 10月31日(火) 試験3(三角形定ひずみ要素, 30分) 四辺形アイソパラメトリック要素一次要素(3.2節)
7 11月7日(火) 試験4(四辺形アイソパラメトリック要素, 40分) +その他の要素(3.3, 3.4, 3.5節)+V&V
8 11月21日(火) 追試①+レポート1(二次元トラス課題)提出日 (事務室BOX or 持参)
9 11月28日(火) 有限要素法の実践的知識(4章、5.1章)+レポート1返却

 

10 12月 5日(火) 材レポート2課題設定+材料強度、構造強度設計①(材力webノート)

配布資料

材料力学webノート
(12.1.2と12.3の低サイクル疲労部分)

11 12月12日(火) 試験5(有限要素法の実践的知識、強度設計、機械設計のための材料選定)+材料強度、構造強度設計②+レポート質問と解説  
12 12月19日(火) 追試②+レポート2提出日 (12/20(火)事務室BOX)
13 1月 9日(火) レポート2返却+解説、追試③

 

14 1月23日(火)

(試験期間)

レポート2最終試問

 

       

小テストの結果



小テスト試験範囲

内容 練習問題
1 材料力学・弾性論 配布練習問題+材料力学webノート7章練習問題4, 5, 6
2 ばね・一次元トラス要素 p27 問題2.1
3 三角形定ひずみ要素 p48 問題3.1, 3.2+全体剛性マトリックスを組み立てられるようにしておいてください
4 四辺形アイソパラメトリック要素 p48-50 問題3.3, 3.4
5 有限要素法の実践的知識・機械設計のための材料選定 4章と5.1節と機械設計のための材料設計の資料
特別練習問題(試験5用)

お知らせ

Easy-σ Liteの演習について
後半の応力解析の課題は、Easy-σを用いて行います。他学科の学生は、自宅及び研究室のPCにEasy-σ Liteをインストールしてください。
※一般配布されているEasy-σ Liteは64bitのPCでは動きません。64bitを使っている人は、講義で配布するファイルでインストールしてください。また、講義中に教えるライセンスキーを入れ忘れないように注意してください。詳細は小テストのページに記載しています.またEasy-σのHP http://www.easy-sigma.jp/を参照ください。

※MACでの動作は保証されていません。

Easy-σ Liteについての注意
解析実行をしても、進まずに止まってしまう場合、作業フォルダーが書き込み不可の領域に設定されている場合があります。
回避手順は、以下のようになります。
1. 作業フォルダーを"%TEMP%"に設定(具体的にはPreのショートカットを作成、右クリック-プロパティを開く)
2. 書き込み可能領域にEasy-σのファイルを保存、ファイルをダブルクリックしてEasy-σを立ち上げる


参考資料

強度試験片図面       

低サイクル疲労データシート

クリープ試験データーシート

強度試験データシート


関連リンク

Easy-σ Lite のページ

渡邊先生の資料

実践有限要素法シミュレーション正誤表(出版社のページ)

機械科のEasy-σのページ


連絡先

ご不明な点は以下の宛先までメールでお問い合わせください((at_)を@に変換)

izumi(at_)fml.t.u-tokyo.ac.jp



Copyright (C) 2002-2013 . Fracture Mechanics Laboratory, All rights reserved..