平成28年度 破壊強度学(酒井分)

http://www.fml.t.u-tokyo.ac.jp/~sakai/kougi/HakaiKyoudogaku/

標準カリキュラム

担当

単位数

時期

場所

機械工学専攻

酒井信介 Shinsuke SAKAI
梅野宜崇 Yoshitaka UMENO

2

夏学期水曜日13:00-14:45

本郷工223号講義室

講義テキスト(ver1.15)をダウンロードして下さい。No.9,10,11,12で使用しますので、講義に持参して下さい。なお、PWは講義で連絡します。

No.   Date  Prof. Contents(Japanese)  配布資料、課題
 1  April 6  Umeno
 2  April 13  Umeno
 3  April 20  Umeno
 4 April 27  Umeno
 5  May 11 Umeno  
 6  May 18  Umenoi
 7  May 25  Umeno
 8  June 1 Saka 信頼性工学の背景
 9  June 8  Sakai 1.信頼性設計の目標
1.1 決定論的安全係数の行き詰まり
1.2 LRFDとは
1.3 設計と維持について
1.4 将来の信頼性設計
2. LRFDの基礎理論
2.1 不確定性のある量とその表現方法
課題1
確率紙の考え方
 10  June 15  Saka 2.2モンテカルロシミュレーション
2.3 破損確率評価の基礎
2.4 信頼性設計の基本的考え方
 11  June 22  Sakai 2.5 破損モードと限界状態関数
2.6 破損確率と信頼性指標
2.7 部分安全係数の評価方法
2.8 限界状態設計における荷重の評価方法
課題2
 12 June 29  Sakai 3. LRFDの適用事例
 13  July 6  Sakai 腐食・非破壊検査法 課題3
非破壊検査法
腐食・減肉
 14  July 13  Sakai  リスクベース工学、維持規格の考え方 リスクベース工学